ライブカメラ

先週聞き取りしたのは、ライブカメラ言うなら、以前よりステマのパートをしている五人の少年!
集結したのはライブカメラ、メンズキャバクラで働いているAさんライブカメラ、貧乏大学生のBさん、売れない芸術家のCさんライブカメラ、某音楽プロダクションに所属したいというDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず最初に、取りかかるキッカケから聞いていきます。Aさんは後ほどお話しください」
A(元メンキャバキャスト)「小生は、女性心理がわかると思い開始しました」
B(現役大学生)「私はライブカメラ、収入が得られれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(シンガーソングライター)「うちは、ジャズシンガーをやっているんですけど、長年やっているのにそこそこしか稼げないんですよ。トップスターになる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みするのは不本意ですがライブカメラ、こんなことやりたくないのですが、とりあえずアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」

ライブカメラのメリット

D(タレント事務所所属)「おいらは、○○って芸能事務所に入ってダンサーを目指していましたが、一度の舞台で500円ぽっちしか頂けないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラのバイトをやろうと考えました」
E(コメディアン)「お察しの通り、俺様もDさんと似た状況で、ライブカメラ1回のコントでほんの数百円の快適な生活してるんです。先輩に紹介していただいてライブカメラ、ステルスマーケティングの仕事をやめるようになりました」
大したことではないがライブカメラ、五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に未所属という至って普通のメンバーでした…、やはり話を聞かずとも、五人にはステマ独自の心労があるようでした…。
簡単に信用しないそんな男性に食いつくことはないのにと予想だにしないことなのですがよく言えばきれいな心で先入観のないこの人たちのような女子はいかがわしい人だと分かってもその人から離れられなくなっています。
何人かの女の人が過去に暴力事件に引きずりこまれたり命を絶たれたりしているのににもかかわらずあんなニュースから学ばない女性たちは嫌な感じを無視して相手に忠実に抵抗できなくなってしまうのです。
全ての彼女の標的となった「被害」はライブカメラ、誰もが認める犯罪被害ですし、ごく普通に法的に懲罰を与えることができる「事件」です。できる

無能なセレブがライブカメラをダメにする

だけどライブカメラの仲間になる女子は、どういう理由か危機感がないようで、しっかりしていればすぐにあてはまる機関に訴えるようなことも、そのままスルーしてしまうのです。
結果的に、悪い人はこんな悪いことをしても暴露されないんだ聞き入れて貰えるならどんどんよろう」と、よかれと思ってライブカメラを活かし続け、犠牲者が増え頻発するのです。
「黙って許す」ことは、心が広い響きがあるかもしれませんが、その行動こそが、犯罪者を増大させているということを理解する必要があります。
傷つけられた時にはいちはやく、警察でも無償で身方になってくれる相談窓口でもどうなるかに関係なく迷いなく相談してみるべきなのです。
出会い系での書き込みなどを何者かが観察をしている、それが当たり前であることを見聞きしたことがある人も、ネット利用者なら相当多いと思われます。
何はさておき、ライブカメラ云々以前に、他の例を挙げるとキリがないのですがライブカメラ、人命を奪う仕事、覚せい剤の取引、児童が巻き込まれる事案、そんな内容がネット掲示板では、見えないところで行われているケースは多いわけです。
こういった非人道的行為が許されることなど、あまりに不公平ですし、たとえ些細な悪質事案も逃げ得を許してはいけないのです。
パソコンで発信者の情報をサイバー対策室なら素早く、誰が行ったのかを知ることができ、その後は警察に任せて犯人逮捕へと繋げられるのです。
自分の情報が心配になる人も結構多いかもしれませんが、法律に引っかかることなくしっかりと保護をしながら、その上でリスクが生じないように慎重に行動をして万全を期して捜査をするのです。
こういう情報を見ると、嫌な時代になった、ライブカメラあんな事件が増えた、昔は良かったのにと懐古しているようですが、そもそも昔から凶悪事件はあり、実は状況は改善しており、被害者の数自体もかなりマシになったのです。
ネット上のサイトは、1年中いかなる場合も、警備者が警視されているわけです。
もちろん、この先も違反者の発見に増えていき、ライブカメラネット内の治安を乱す行為はかなりマシになるであろうと見込まれているのです。

hカップ

D(キャバクラで働く)「ブランドのカバンとか頼んだらちょろくないですか?あたしもそうなんだけど、何人も同じプレゼントもらって自分のプレゼントと残りは売り払う」
筆者「本当に?もらい物なのに買取にだすんですか?」
D(ナイトワーカー)「それでも全部取っとく人なんていないです。紙袋に入れておいても役に立たないし、流行だって変わるんだから、hカップバンバン使われたほうがバッグの意味があるんじゃん」
E(国立大に通う十代)受け入れがたいでしょうが、わたしもなんですけど売っちゃいますね」

いいえ、hカップです

C(銀座のサロンで受付をしている)「hカップを通して何十人も貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私はまだまだプレゼントを売ったりとかはないです」
筆者「Cさんにもっと聞きたいですね。hカップを通してどのような人とおしゃべりしたんですか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった相手には巡り合ってないです。どの人もルックスもファッションもイマイチで、hカップフィーリングとか気にしない人たちでした。わたしなんですが、hカップとはいえ、まじめな出会いを求めているので、期待していたのに、さんざんな結果になりました」

hカップ情報をざっくりまとめてみました

筆者「hカップではどういう相手を期待しているんですか?
C「目標を言えばhカップ、思われそうですけど、医者とか弁護士の方とか国立大在学中の出世しそうな人が好きです。
E(国立大に通う)わたしもhカップ、今は国立大にいますが、hカップにもまれに同じレベルの人間はそれなりにいます。問題は、恋愛とは縁がない。」
hカップの特徴として、オタク系に敬遠する女性がどうやら優勢のようです。
サブカルに慣れてきたようにかに思われがちな日本でもまだ個人の好みとして認知はされていないと育っていないようです。
オンラインデートサイトには、法律に引っかからないようにしながら、ちゃんとやっているサービスもありますが、悲しいことに、そのような信頼のおけるサイトはごく一部です。
その特殊なグループ以外のサイトは、確かめるまでもなく詐欺だと分かる行為を悪いとも思わずにやっており、女性に人気がない男性を騙しては搾取し、騙しては金を搾り取りを騙し続けられる限り続けます。
当然のごとくこんなことが法的に許可されているはずがないのですがhカップ、hカップの経営者は法を逃れるのが得意なので、IPを捕まる前に変えたり、事業登録しているビルを何度も変えながら、警察にバレる前に、潜伏先を撤去しているのです。
このような常に逃げる体制の詐欺師が多いので、警察が法に反するhカップを暴き出せずにいます。
いち早くなくなってしまうのが望ましいのでしが、出会い系掲示板は日に日に増えていますしhカップ、思うに、中々全ての法に触れるサイトを排除するというのは困難な作業であるようなのです。
悪質なhカップがいつまでも会員に詐欺行為をしているのを自由にやらせておくのはやるせない気持にさせられますが、警察の悪質サイトの見張りは、一歩一歩、明らかにその被害者を助けています。
長い戦いになるかもしれませんが、パソコンの中の世界から怪しいサイトを片付けるには、そういう警察の力量をあてにするしかないのです。
Webサイトを出会いの場として利用する人に問いかけてみると、ほぼ全員が、孤独に耐え切れず、つかの間の関係を持つことができればそれで構わないと言う見方でhカップにはまっていってます。
要するにhカップ、キャバクラに行く料金をかけたくなくて、風俗にかけるお金もかけたくないから、お金がかからないhカップで「引っかかった」女性でリーズナブルに間に合わせよう、と捉える中年男性がhカップのユーザーになっているのです。
それとは反対に、女の子サイドは異なったスタンスを持ち合わせている。
「彼氏が年上すぎてもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい彼氏が欲しい。hカップをやっている男性はだいたいがモテないような人だから、中の下程度の女性でも操ることができるようになるに決まってる!ひょっとしたら、タイプの人がいるかも、中年親父は無理だけど、hカップタイプだったら付き合いたいな。女性の100%近くはこのように考えています。
つまるところ、女性は男性のルックスか金銭がターゲットですし、男性は「安上がりな女性」をターゲットにhカップを使っているのです。
どちらにしろ、hカップなるべくお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そんな風に、hカップを使用していくほどに、男は女性を「もの」として捉えるようになり、hカップ女も自分自身を「売り物」としてみなしていくようになり、転じていってしまうのです。
hカップの使い手の所見というのは、女性をじんわりと意志のない「物質」にしていくようなアブノーマルな「考え方」なのです。
質問者「ひょっとして、芸能界を目指すにあたって売れたいと思っている人って、サクラで生活費をまかなっている人が多数いるのでしょうか?」
E(業界人)「そうだとよく耳にします。サクラのお金稼ぎって、シフト割と自由だし、僕みたいな、急にショーの予定が入ったりするような職に就いている人種には求めているものなんですよ。予測できない空き時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(某有名アーティスト)「貴重な経験になるよねhカップ、女性として接するのは一苦労だけど我々は男性だから、自分がかけられたい言葉を相手に言えばいい訳だし、hカップ男の気持ちをわかっているから、男もやすやすとのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ勤めの男)「逆に言えるが、女の子でサクラをやっている人はサクラは男性客の心理がわかってないから本当は下手っすよね」
著者「女のサクラより、男性のサクラが優秀なのですか?」
D(芸能事務所関係者)「はい。優れた成績を残しているのは大体男性です。しかし、僕は女性の役を作るのが上手くないので、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(芸人さん)「知られている通り、不正直ものがのし上がるワールドですからね…。女性になりきるのがなかなか大変で…俺たちも苦労してます」
ライター「女性になりきって作り続けるのも、想像以上に苦労するんですね…」
女性キャラクターである人のどのようにしてだましとおすかの話で盛り上がる彼ら。
その話の中で、あるコメントをきっかけに、自らアーティストと名乗るCさんに視線が集まったのです。

テレクラ男性

先日質問できたのは、ズバリ、以前よりサクラのアルバイトをしていない五人の学生!
集まることができたのは、メンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、普通の学生Bさん、テレクラ男性芸術家のCさん、某タレント事務所に所属したいというDさん、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「では先に、着手したキッカケから確認していきましょう。Aさんからお話しくださいますか」
A(元メンズキャバクラ勤務)「わしは、女性心理が分からなくて開始しました」
B(元大学生)「わしは、儲けられれば何でもいいと思ってスタートしましたね」

テレクラ男性にはどうしても我慢できない

C(作家)「おいらは、ジャズシンガーをやっているんですけど、もう駆け出しじゃないのにそこそこしか稼げないんですよ。実力をつける為には目立たない所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こういうバイトでもやりながら、当面の間アンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(芸能プロダクション所属)「私は、テレクラ男性○○ってタレント事務所に所属してピアニストを目指してがんばってるんですが、一度のライブで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトをやろうと考えました」
E(若手コント芸人)「本当のところ、小生もDさんと似た感じで、コントやって一回ほんの数百円の倹しい生活してるんです。先輩から紹介を受けて、サクラのアルバイトをするに至りました」

初めてのテレクラ男性選び

よりによって、五名中三名がタレント事務所に所属中という華々しいメンバーでした…、テレクラ男性やはり話を聞いてみたら、彼らにはサクラ独自のおもしろエピソードがあるようでした…。
D(キャバクラ在籍)「高級なバッグとかお願いしたら楽勝ですよね。わたしなんて何人も同じやつ贈ってもらって自分のプレゼントと買取に出す」
筆者「本当に?お客さんのプレゼントが買取にだすんですか?」
D(キャバ嬢)「びっくりしてるけど皆も売却しますよね?残しておいても役に立たないし、流行遅れにならないうちに置いておいてもバッグにも悪いし」
E(国立大に通う十代)すみませんが、わたしもなんですけど質に流すタイプです」
C(銀座のサロンで受付をしている)「テレクラ男性を使って何万円も稼げるんだ…私は今までお金に換えたりとかはないです」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。テレクラ男性内でどういう異性と交流しましたか?
C「高いものを送ってくれるようなことすらないです。全員、プロフ盛ってる系でヤリ目的でした。わたしなんですけど、テレクラ男性とはいえ、まじめなお付き合いがしたくてメールとかしてたので急に下品な話を出されてげんなりしました。
筆者「テレクラ男性を使って、どういう相手を出会いたいんですか?
C「夢を見るなって言われそうですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大学に在学中の将来も有望な人がタイプです。
E(国立大に在学中)わたしはですね、国立大で勉強していますが、テレクラ男性の中にもプーばかりでもないです。ただし、得意分野以外には疎い。」
調査の結果として、オタクへの嫌う女性はなんとなく多数いるということです。
サブカルに大分浸透してきたと見られがちな日本でもまだ一般の人には認知はされていないと言えるでしょう。
出会い系の治安維持のため何者かが観察をしている、それが当たり前であることをいろんなところで見かけたことがある人も、読者の中にはいるかと思います。
何はさておきテレクラ男性、テレクラ男性以外に関しても、いろんな掲示板やサイトでは、殺してほしい人の要望、闇取引、卑劣な体の取引、テレクラ男性それらがテレクラ男性以外でも、日々書き込まれているのです。
上記の事例がお咎めなしになるなど、100%ないわけですし、それ以外にも法律に反することをすればどんな犯罪もやってはいけないのです。
ちょっとした手掛かりを証拠を掴むことができ、すぐにでも犯人を見つけ、迅速に居場所を突き止め、捕まえることができるのです。
「誰かに見られるのはちょっと不安」と身震いしてしまう人も少数ながらいるようですが、そもそもIPアドレスによる情報はテレクラ男性、市民の安全を第一に考え、範囲を超えるような捜査はしないように注意を払いながら日々の捜査を行っているわけです。
そういう現状を見ると、日本はダメになった、あんな事件が増えた、日本はどんどん終わりに向かっていると言い放っていますが、多くの人たちの協力でその結果重大な犯罪は半数程度になり、10代で被害に遭う人も下降傾向にあるのです。
サイトの至る場所を、1年中いかなる場合も、サイバーパトロールに安全強化に努めているのです。
当然ながら、この先も違反者の発見に強くなっていき、ネットでの許すまじ行為は右肩下がりになるだろうと見解されているのです。
不特定多数が集まるサイトは、ありえない請求などの悪質な手口を応用して利用者の預金から掻き集めています。
その仕方も、「サクラ」を用いたものであったり、利用規約の中身が架空のものであったりと、多様な方法で利用者を鴨っているのですが、警察が放っておいている要素が多い為、まだまだ捕まっていないものがいくらでもある状態です。
ひときわ、最も被害が強く、危険だと思われているのが、小学生を対象にした売春です。
常識的に児童買春は法律で禁じられていますが、テレクラ男性の限定的で極悪な運営者は、暴力団に関与して、計画してこの児童を使った方法で利用ユーザーから大金を盗んでいます。
この時点で周旋される女子児童も、母親から強要された奴であったり苦しい事情のある人物であったりするのですが、暴力団は特に利益の為に、問題にせず児童を売り飛ばし、テレクラ男性と連携して利潤を出しているのです。
上述の児童のみならず暴力団と関係した美人局のような子分が使われているケースもあるのですが、総じて暴力団は、女性を売春対象にして使うような犯罪行為に従事しています。
というのもとりもなおさず警察が制止すべきなのですが様々な兼ね合いがあってとかく取り締まりの対象にならない事態なのです。

電話熟女音声

驚くことに前掲載した記事で、「電話熟女音声で積極的だったから、電話熟女音声実際に会ったところ犯罪者だった」という状況になる女性の話をしましたが、女性も驚きはしたものの、その男性と終わるどころか付き合う事になったのです。
理由としては、「男性が怪しそうで、断れない感じがしてついて行くしかなかった」と言っていましたが、じっくりと女性に話を聞いたら、女性の興味を惹きつけるところもあって一緒に行くことにした部分もあったようです。
男性の前科がどういったものかというと、短刀と呼べるようなサイズの刃物で肉親である親を刺したという事だったそうで、もしもの事を考えると危険だと多くの人は考えるでしょうが、話した感じではそういった部分がなく、子供には親切にするところもあり電話熟女音声、緊張する事もなくなって、恋人関係に発展していったのです。
彼女も最初は良かったようですが、電話熟女音声気が付くと不審な行動をしているときがあったので、相談するようなことも無く家を出て、関わりを無くすことにしたという結末なのです。

電話熟女音声についての6個の注意点

特に怒らせることがなくても安心する暇がなくなり電話熟女音声、一緒に生活していた部屋から、気付かれる前に遠くに行こうと出来るだけ急いで出ていったということですが、恐怖を感じるような雰囲気があっただけでは済まなかったようで、口げんかだったはずなのに、手を上げて黙らせたり、暴力でどうにかしようという素振りをわざと見せてくるので、何かとお金を渡すようになり、他の頼み事も聞き入れて、生活をするのが普通になっていたのです。
お昼にインタビューできたのは、ちょうど、現役でゲリラマーケティングの契約社員をしている五人の若者!
集まらなかったのは、メンキャバを辞めたAさん、貧乏学生のBさん、売れないアーティストのCさん、電話熟女音声タレントプロダクションに所属するというDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。

電話熟女音声についての6個の注意点

筆者「まず先に、辞めたキッカケを質問していきましょう。Aさんからお話しくださいますか」
A(メンズキャバクラ勤務)「俺は、女性の気持ちが理解できると思い始めるのはやめました」
B(就活中の大学生)「小生は、ガッツリ儲けられれば何でもいいと思って開始しましたね」
C(クリエイター)「僕は、フォークシンガーをやっているんですけど、電話熟女音声まだ新人なんでちっとも稼げないんですよ。ビッグネームになる為には詰らないことでもこつこつ下積みするのがベストなんで、、こういう体験をして、ひとまずアンダーグラウンドな遍歴を重ねようと思って」
D(音楽プロダクション所属)「ボクは、○○ってタレントプロダクションでライブパフォーマーを志しているんですが、一度のライブで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(若手ピン芸人)「実際は、私もDさんと似た感じで、コントやって一回多くて数百円の貧乏生活してるんです。先輩に教えて貰って電話熟女音声、サクラの仕事を始めました」
あろうことか、五名のうち三名が芸能プロダクションに所属中という素敵なメンバーでした…、それでも話を聞いてみたら、彼らにはステマによくあるおもしろエピソードがあるようでした…。
若者が集まるサイトは、偽りの請求などの悪質な手口を使用して利用者の懐から盗み取っています。
その技も、「サクラ」を頼んだものであったり電話熟女音声、利用規約の実体が不誠実なものであったりと、雑多な方法で利用者に嘘をついているのですが、警察に見えていない要素が多い為、まだまだ明かされていないものがいっぱいある状態です。
殊の外、最も被害が深刻で、危険だと勘繰られているのが、少女売春です。
誰もがわかるように児童買春は法律で禁じられていますが、電話熟女音声の目立ちにくい極悪な運営者は、暴力団と関係して、取り立ててこの児童を使った技で利用ユーザーから大金を盗んでいます。
この時点で周旋される女子児童も、母親から送られた者であったり止むを得ない事情のある人物であったりするのですが、暴力団は利益を得る目的で、当然の如く児童を売り飛ばし、電話熟女音声と協力して売上を出しているのです。
意味ありげな児童に限らず暴力団と気心の知れた美人局のようなサクラが使われている時もあるのですが、少なくない暴力団は、女性を売り物にして使うような犯罪を手がけています。
ちなみに緊急に警察が監督すべきなのですが複雑な兼ね合いがあってことのほか取り締まりの対象にならない状況なのです。
ライター「もしかして、芸能の世界で売れたいと思っている人って、サクラを収入としている人が多いんでしょうか?」
E(芸人の一人)「そうだと言いますね。サクラの仕事内容って、シフト他に比べて自由だし、我々のような、急にお呼びがかかるような職に就いている人種にはもってこいなんですよ。イレギュラーな空き時間を使えるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「良い経験にはなるよね、電話熟女音声女性のキャラクターとして接するのは易しいことじゃないけど自分たちは男目線だから、自分が言ってほしいことを相手に送ればいい訳だし、男の心理はお見通しだから、相手も容易に引っかかりやすいんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「想像以上に、女の子でサクラの人は男の心理がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」
著者「女性のサクラより、男のサクラの方が向いているのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「まぁ、そうですね。優れた結果を出しているのは大体男性です。しかしながら、僕は女の人格を作るのが下手くそなんで、いつも叱られてます…」
E(某芸人)「言わずとしれて、正直者がバカをみるのがこの世界ですからね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…僕なんかも苦労してます」
ライター「女性になりきって作っていくのも、電話熟女音声相当苦労するんですね…」
女の人格のどのようにして演じ切るかのトークで盛り上がる一同。
その話の中で、あるコメントをきっかけに電話熟女音声、アーティストを名乗るCさんに関心が集まりました。

女のツーショット

「女のツーショットに登録したらアクセスしたら一気にメールフォルダが受信するようになったどうしてこうなった?」と、ビックリした人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者にも同様の体験はありますが、そういった場合、アカウントを取った女のツーショットが、知らないうちに数か所にまたがっている可能性があります。
このように指摘するのは、女のツーショットの大部分は、女のツーショットシステムで自動的に、他のサイトに登録されているアドレスをそのまま別のサイトに横流ししているからです。
明らかに、これは登録している人が要望によるものではなく、完全に機械の作用で横流しされてしまう場合がほとんどなので、サイトの閲覧者も、仕組みが分からないうちに、何か所かからわけの分からないメールが
さらに言うと、自動で登録されているケースの場合、女のツーショット退会すれば問題なくなると退会手続きをする人が多いのですが、退会手続きをしたところで打つ手がありません。
そのまま女のツーショット、サイトを抜けられないまま、別のサイトに情報が流れっぱなしです。

不思議の国の女のツーショット

アドレスを拒否リストに振り分けてもそれほど効果的ではなく、まだ送れるメールアドレスを利用してメールを送ってくるだけなのです。
日に数えきれないほど送信してくるケースでは何も考えず使用しているメールアドレスを変える以外に手がないのでうっかり登録しないよう注意が必要です。
オンラインデートサイトには、法を守りながら、きっちりと経営している安全なサイトもありますが、残念なことに、そのような安全なサイトはこく一部です。

晴れときどき女のツーショット

その一部分以外のサイトは明白に詐欺だと分かる行為を当たり前のようにやっており、彼女ができない女性を騙しては金を搾り取り、騙しては搾取しを可能な限りやり続けます。
至極当然こんなことが法的に問題があると見なされないはずがないのですが、女のツーショットの経営者は逃げるが勝ちと思っているので、IPを捕まる前に変えたり、事業登録しているマンションを変えながら、警察に目をつけられる前に、アジトを撤去しているのです。
このようなコソドロのようなサイト経営者が多いので、警察が怪しい女のツーショットを野放し状態にしています。
さっさとなくなってしまうのが世の中のためなのですが、オンラインデートサイトは少なくなるように見受けられませんし、見たところ、中々全ての極悪サイトを片付けるというのはすぐに出来る事ではないようなのです。
詐欺行為を行うサイトがいつまでも何も知らない人から金を搾取しているのをそのままにしておくのは許しがたいですが、警察の悪質サイトの警戒は、確実に、手堅くその被害者を救い出しています。
楽な事ではありませんが、パソコンの中の世界から怪しいサイトを一掃するには、そういう警察の能力を信じて任せるしかないのです。
筆者「第一に、各々女のツーショットで女性と会うようになったいきさつを順序良く聞いていきたいと思います。
今日揃ったのは、高校をやめてからというもの、五年間自宅にこもってきたA、「せどり」で十分な収入を得ようと奮闘しているB、小さなプロダクションでレクチャーを受けてアクション俳優志望のC、女のツーショットのスペシャリストを自称する、ティッシュ配りをしているD、五人目の、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
5人とも二十代の前半です。
A(自宅パトロール中)「俺はずっとパソコンばっかりしてて女のツーショット、ネットを使っていたら、すごいきれいな子がいて、彼女の方からメッセージくれて、そこであるサイトのアカウントを取ったらポイント消費しなくても連絡できるって言われたんで、登録したんです。その子とはそれっきりでした。それでも、他にも何人かやり取りしたので」
B(転売に挑戦中)「始めはやっぱり、自分も直アドが聞きたくて。モデルかと思うくらいきれいで、どっぷりでした。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトって、サクラの多さで悪評があったんですけど、そこまで問題なくて飽きたりせずに使い続けています。
C(プロダクションで訓練中)「自分なんかは、女のツーショット役作りにいいかと思ってID取得しました。女のツーショット利用にさんざん悪用する役をもらって、それで自分でもハマりました」
ティッシュ配りのD「僕はですね、友人で早くから使っていた人がいて、女のツーショットお前もやってみろって言われているうちに登録したってところです」
加えて、5人目となるEさん。
この方なんですが女のツーショット、ちょっと特殊な例なので率直に言って他の人とは浮いてましたね。

大阪マックス電話

質問者「もしかすると、芸能界で下積み時代を送っている人ってサクラを同時に行っている人が多いんでしょうか?」
E(とある芸能人)「そうじゃないでしょうか。サクラの仕事って、シフト思い通りになるし、私たしみたいな、急に必要とされるような職に就いている人にはばっちりなんですよ。イレギュラーな空き時間にできるし人生経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「経験の一つになるよね、女としてやり取りをするのは骨が折れるけど僕らは男目線だから、自分が言われたいことを相手に投げかけてやればいい訳だし大阪マックス電話、男の心理はお見通しだから、相手も容易にだまされますよね」
A(メンキャバ働き手)「意外にも、女でサクラをやっていてもユーザーの心理がわかってないから正直言って下手っすよね」

渋谷で大阪マックス電話が流行っているらしいが

ライター「女のサクラより、男のサクラが向いているのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「そうです。優れた結果を出しているのは大体男性です。だけど、僕は女性の人格を演じるのが下手くそなんで、いつも怒られてます…」
E(某有名芸人)「知られている通り、正直者がバカをみる世界ですね…。女性を演じるのが大変で…俺なんかも苦労してます」
ライター「女性の人格を作っていくのも、かなり大変なんですね…」
女の子のキャラクターのやり方に関しての話に花が咲く一同。

大阪マックス電話を学ぶ上での基礎知識

そんな中で、ある言葉を皮切りに、自らアーティストと名乗るCさんに好奇心が集まったのです。
今朝質問できたのは、それこそ、以前からサクラのパートをしている五人のおじさん!
駆けつけたのは、キャバクラで働いていたAさん、現役男子大学生のBさん、自称アーティストのCさん大阪マックス電話、某音楽プロダクションに所属する予定のDさん大阪マックス電話、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「では、辞めた動機から質問していきます。Aさん以外の方からお願いします」
A(元メンキャバ就労者)「僕は、女性心理が分からなくて始めたらいいかなと思いました」
B(就活中の大学生)「うちは大阪マックス電話、荒稼ぎできなくてもいいと考えて辞めましたね」
C(シンガー)「オレは、フォークシンガーをやっているんですけど、まだ新人なんでいっこうに稼げないんですよ。大物になる為にはささやかな所からこつこつ下積みするのがベストなんで、、こんな仕事やりたくないのですが、とにかくアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(タレントプロダクション所属)「俺は、大阪マックス電話○○って芸能事務所に入って作家を養成すべく励んでいるんですが、大阪マックス電話一回のステージで500円しか受け取れないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(コント芸人)「現実には、大阪マックス電話うちもDさんと似た感じで、大阪マックス電話1回のコントで数百円の楽しい生活してるんです。先輩に教えていただき、ゲリラマーケティングのアルバイトをすることになりました」
たまげたことに、五名中三名が芸能事務所に所属しているという華やかなメンバーでした…、かと言って話を聞かなくてもわかるように、大阪マックス電話彼らにはサクラ独自の悲しいエピソードがあるようでした…。
D(ナイトワーカー)「有名ブランドのバッグなんてお願いしたら楽勝ですよね。わたしとかは大阪マックス電話、複数まとめて同じの注文して1個は自分用で現金にするやつに仕分けするよ」
筆者「うそ?もらったのに買取にだすんですか?」
D(キャバクラ在籍)「ってか、大事にもらっとくワケないです。床置きしても役に立たないし、流行とかもあるから、バンバン使われたほうがバッグは使ってもらってなんぼなんで」
国立大に通う十代E悪いけど、わたしもなんですけどオークションに出品しますね。」
C(銀座のサロンで受付担当)「大阪マックス電話ってそういった貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私はまだまだそういう発想自体ありませんでした」
筆者「Cさんに質問します。大阪マックス電話を使ってきたなかでどういう異性と関わってきましたか?
C「プレゼントをくれる男性とは関わっていないですね。全員、モテないオーラが出てて、タダマンが目的でした。わたしの話なんですが、大阪マックス電話に関しては恋活のつもりで期待していたのに、体目当ては困りますね」
筆者「大阪マックス電話を使って大阪マックス電話、どんな出会いを出会いたいんですか?
C「理想が高いかも思われそうですけど、医療関係者とか弁護士の方とか国立大学にいるようなエリートコースを歩んでいる人といっしょになりたいんです。
E(国立大に在籍中)わたしはですね、国立大で勉強していますが、大阪マックス電話にもまれにプーばかりでもないです。とはいっても、恋愛をする感じではない。」
調査の結果として、オタクへの敬遠する女性はなんとなく多数いるということです。
オタク文化が大分浸透してきたと感じられる国内でも、まだ一般の人にはとらえることはもののようです。
「大阪マックス電話を利用していたら一気にメールフォルダが来て困る…これはどうなっているの?」と、あわてた経験のある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者にも似たような体験はありますが、そういった迷惑メールが来るケースの場合、ログインした大阪マックス電話が大阪マックス電話、知らない間に数か所にまたがっている可能性があります。
なぜなら、大阪マックス電話の過半数は、サイトのプログラムにより大阪マックス電話、他のサイトに登録されている情報を丸々別のサイトに漏らしているからです。
当然のことですが、これはサイト利用者の意思ではなく、機械の操作で流出するパターンが大半で利用した方も、わけが分からないうちに、複数サイトから勝手な内容のメールが
さらに、勝手に登録されているパターンでは、退会すれば問題ないと安易に考える人が多いですが、サイトをやめても打つ手がありません。
挙句、サイトを抜けられず、他のところにアドレスが筒抜けです。
拒否リストに入れても大した意味はありませんし、まだフィルターにかからないメールアドレスを作成してさらに迷惑メールを送ってくるだけです。
一日で受信箱が満タンになるほど送信してくる場合にはただちに使っているメールアドレスをチェンジするしか方法がないので安易に登録しないようにしましょう。

巨乳脱ぎライブチャット

筆者「第一に、それぞれ巨乳脱ぎライブチャット利用を女性を探すようになったきっかけを順番に言ってください」
顔ぶれは、高校を卒業せずに五年の間、ほぼ自宅から出ていないA、サイドビジネスで暮らそうと奮闘しているB、小さいながらも芸能プロのレッスンを続けながら、アクション俳優を目指すC巨乳脱ぎライブチャット、すべての巨乳脱ぎライブチャットを網羅すると自信たっぷりの、ティッシュ配りのD、五人目は、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
みんな二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(普段は自室から出ない)「今は自宅警備中なんですが、ネットを使っていたら、めっちゃ可愛い子を見つけて向こうからコンタクトとってくれて、その後、あるサイトのアカを取得したら、ポイント消費しなくても連絡できるって言われたんで、ID取ったんです。それっきりその子から連絡が取れなくなったんです。それでも、他にも可愛い人気にならなかったですね。」
B(転売に挑戦中)「最初の方はやっぱり自分もメールアドレスが欲しくて。モデルみたいな人で、タイプでしたね。もっと話したいから会員になって、そのサイトについては、巨乳脱ぎライブチャットサクラの多さで有名だったんだけど、ちゃんと女性もいたので、巨乳脱ぎライブチャット相変わらず利用しています。

はじめての巨乳脱ぎライブチャット

C(俳優志望)「私はというと巨乳脱ぎライブチャット、いろんな役になりきれるよう始めましたね。巨乳脱ぎライブチャットを使ううちに様々な女性に会う役になって私も実際に使ってみました。
D(アルバイト)「僕の場合巨乳脱ぎライブチャット、先に使い出した友人に話を聞いているうちに手を出していきました」
加えて、巨乳脱ぎライブチャットトリを飾るのがEさん。

ついに巨乳脱ぎライブチャットに自我が目覚めた

この方に関しては巨乳脱ぎライブチャット、オカマですので、正直なところ一人だけ取り立てて話すほどではないかと。
出会い系のwebサイトを利用する人々にお話を伺うと、おおよその人は、心淋しいという理由で、つかの間の関係を持つことができればそれでいいという見方で巨乳脱ぎライブチャットを用いています。
つまりは、キャバクラに行くお金を払うのが嫌で、風俗にかける料金もかけたくないから、お金の要らない巨乳脱ぎライブチャットで、「乗ってきた」女性でリーズナブルに済ませよう、とする中年男性が巨乳脱ぎライブチャットという選択肢をを選んでいるのです。
逆に、女の子陣営は全然違う考え方をしています。
「年齢が離れていてもいいから、何でもしてくれる彼氏が欲しい。出会い系をやっているおじさんは100%モテない人だから、中の下程度の女性でも手玉に取ることができるようになるわ!可能性は低いけど、カッコいい人がいるかも、顔が悪い男は無理だけど、タイプだったら付き合いたいな。だいたいの女性がこのように考えています。
一言で言うと、女性は男性の外見か金銭が目当てですし、男性は「安価な女性」をゲットするために巨乳脱ぎライブチャットを役立てているのです。
男女とも、なるべく安価にお買い物がしたくて出会いを欲しがっているようなものです。
そのように、巨乳脱ぎライブチャットを役立てていくほどに、男共は女性を「もの」として価値づけるようになり、女性もそんな己を「売り物」としてみなしていくようになり、考え方が変化してしまいます。
巨乳脱ぎライブチャットに馴染んだ人のものの見方というのは、じんわりと女を精神をもたない「物質」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。

この前の記事の中では、「激で良い感じだと思ったので、直接会うことにしたら犯罪者だった」という女性がいた話を出しましたが、なんとその女性はそのまま、その男性と普通に交際を始めることになってしまいました。
本人に話を聞くと、「男性の見た目が厳つくて、断るとどうなるか分からず他に何も出来なかった」と話していましたが激、さらに話を聞かせて貰ったところ、惹かれる所もあったからそのまま関係を続けようと思ったようです。
彼が犯した罪に関しては激、小型のナイフではなく大きめのナイフで自分の親を傷つけたという出来事だったそうで、単なる事故などとは違うと心の中では考える場合があるでしょうが、実際に話すと温厚そうな人で、子供や女性に対しては親切な部分もあったため、激問題など起こらないだろうと、本格的な交際になっていったということです。

今時激を信じている奴はアホ

その後も上手くいけばいいのですが、気が付くと不審な行動をしているときがあったので、何も言わないまま家を出て、男性とは別れる事にしたのだと彼女は話してくれました。
何か変な行動をした訳でも無いのに怖さを感じるようになり、それまでの二人での生活を捨てて、気付かれる前に遠くに行こうと荷物も簡単なものだけで出てきたとの話ですが、どうも単に怖いと感じる気持ちがあったといった事が理由の全てではなく、お互いに言い争う事になると、力に頼ろうとしたり激、凄まじい暴力を振るう感じの素振りをする事が増えたから、お金が必要になると渡してしまい激、要求されれば他の事もして、ずっと暮らしていたというのです。
D(キャバ嬢)「有名ブランドのバッグなんてねだればよくないですか?あたしもそうなんだけど、何人も同じプレゼントもらって1個を除いてあとは現金に換える
筆者「そうなんですか?お客さんの気持ちは買取にだすんですか?」
D(ナイトワーカー)「それでも他の人も売ってますよね?取っておいても案外場所取るし激、高く売らないと、欲しい人に買ってもらった方がバッグの意味ないし」

全盛期の激伝説50

E(十代、学生)言いにくいんですが、Dさん同様、私もオークションに出品しますね。」
C(銀座のサロン受付担当)ネットの出会いで複数のお金儲けしているんですね。私は今までそういう発想自体ありませんでした」
筆者「Cさんって、激上でどんな意図で利用している男性とおしゃべりしたんですか?
C「高級レストランすら相手には巡り合ってないです。共通してるのは激、パッとしない雰囲気で、単にヤリたいだけでした。わたしについては、激なんて使っていても恋活のつもりで使っていたので、セックスだけというのは嫌ですね」
筆者「激上でどんな異性と探しているんですか?
C「理想が高いかも承知で言うと医師の方とか弁護士の方とか国立大いるようなエリートコースを歩んでいる人といっしょになりたいんです。
E(国立大に在籍中)わたしはですね、国立大で勉強していますが、激回ってても、優秀な人がいないわけではないです。そうはいっても、偏りが激しい人間ばっかり。」
取材から分かったのは、激オタクについて抵抗を感じる女性がどうやら多数いるということです。
アニメやマンガにも一般化しつつある感じられる国内でも、今でも身近な存在としてのとらえることは育っていないようです。
筆者「ひょっとして、芸能人を目指している中で売れていない人って、サクラで生計を立てている人が少なくないのでしょうか?」
E(とある有名人)「そうだと思われますね。サクラの役って、シフト割と自由だし、僕たちみたいな、急にオファーがきたりするような仕事の人には正に求めているものなんですよ。予測できない空き時間にできるし、一風変わった経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「人生経験になるよね、女としてやり取りをするのはなかなか大変だけど俺らは男目線だから、自分の立場から言ってほしいことを相手に送ればいい訳だし、男性の気持ちをわかっているから、激相手もころっと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ働き手)「かえって、女でサクラの人は男性客の心理がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
ライター「女のサクラより、男性のサクラのに比べて優秀なのですか?」
D(芸能関係者)「えぇ、そうです。成績が上なのは大体男性です。だけど激、僕は女性のキャラクターを演じるのが苦手なんで、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(某芸人)「本質的に、ほら吹きがのし上がるのがこの世界とも言えますからね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺なんかも苦労してます」
筆者「女性になりきって演技するのも、思った以上に大変なんですね…」
女の人格のどのようにしてだましとおすかのトークで盛り上がる彼ら。
その話の中で、ある発言を皮切りに、自らアーティストと名乗るCさんに注意が集まりました。
出会い応援サイトを使っている人達にお話を伺うと、ほとんどの人は激、人肌恋しいと言うだけで激、つかの間の関係を持つことができれば別に構わないと言う捉え方で激に登録しています。
つまるところ激、キャバクラに行く料金ももったいなくて、風俗にかける料金もかけたくないから、料金が必要ない激で、「手に入れた」女の子で安上がりで間に合わせよう、と思いついた中年男性が激を用いているのです。
片や、「女子」サイドは少し別のスタンスを有しています。
「彼氏が年上すぎてもいいから、お金持ちで料理ができる彼氏が欲しい。激のほとんどの男性は確実にモテない人だから、平均くらいの女性でも手のひらで踊らせるようになるよね…思いがけず、イケメンの人に出会えるかも、デブは無理だけど、タイプな人なら会ってもいいかな。9割がたの女性はこのように考えています。
単純明快に言うと、女性は男性の顔面偏差値かお金が目当てですし、男性は「チープな女性」をねらい目として激を使いまくっているのです。
二者とも、なるべく安価にお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そんな風に、激を使用していくほどに、おじさんたちは女性を「商品」として価値づけるようになり、女性も自らを「売り物」としてみなすように考え方が歪になっていくのです。
激の利用者の見解というのは、激女性を確実にヒトではなく「物」にしていくような危ない「考え方」なのです。

テレフォンで女は感じるか

出会えるサイトを使う人達に問いかけてみると、ほぼほぼの人は、人肌恋しくて、つかの間の関係が築ければそれで構わないと言う見方でテレフォンで女は感じるかにはまっていってます。
要するに、キャバクラに行くお金を使うのがイヤで、風俗にかける料金も節約したいから、お金がかからないテレフォンで女は感じるかで「ゲットした」女性で安上がりで間に合わせよう、と考え付く男性がテレフォンで女は感じるかを使用しているのです。
他方、女の子サイドは全然違うスタンスを潜めています。
「すごく年上でもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい彼氏が欲しい。テレフォンで女は感じるかに手を出している男性はモテない君ばかりだから、美人とは言えない自分でもおもちゃにできるようになるんじゃ…!思いがけず、イケメンの人に出会えるかも、キモメンは無理だけど、タイプだったらデートしたいな。だいたいの女性がこのように考えています。

本当は恐ろしいテレフォンで女は感じるか

一言で言うと、テレフォンで女は感じるか女性は男性の顔面偏差値か金銭が目当てですし、男性は「チープな女性」を手に入れるためにテレフォンで女は感じるかを使いこなしているのです。
両陣営ともテレフォンで女は感じるか、なるべくお金をかけずにお買い物がしたくて出会おうとしているようなものです。
そのようにして、テレフォンで女は感じるかを用いていくほどに、男は女を「もの」として捉えるようになり、女性も自身のことをテレフォンで女は感じるか、「売り物」としてみなしていくようになり、考え方が歪になっていくのです。
テレフォンで女は感じるかを利用する人の感じ方というのは、女性をじわじわとヒトではなく「物質」にしていく感じの危うい「考え方」なのです。

テレフォンで女は感じるかを集めてはやし最上川

D(ホステス)「ブランドのカバンとかちょうだいって言ったら簡単じゃないですか?わたしとかは、5、6人に同じやつ贈ってもらって自分用とほかは売っちゃう」
筆者「うそ?せっかくもらったのにどうなるんですか?」
D(ナイトワーカー)「でもさ、皆もお金に換えません?箱にしまったままだとホコリ被るだけだし、流行が廃れないうちに欲しい人に買ってもらった方がバッグの意味ないし」
E(十代、女子大生)受け入れがたいでしょうがテレフォンで女は感じるか、Dさん同様、私も質に出しますね」
C(銀座のサロンで受付担当)ネットの出会いで何十人もことが起きていたんですね…私は今までトクしたことはないです」
筆者「Cさんの話に移りましょうか。テレフォンで女は感じるかではどのような人と交流しましたか?
C「「贈り物なんてことすらないです。多くの場合、プロフ盛ってる系で単にヤリたいだけでした。わたしはというと、テレフォンで女は感じるかについてなんですが、恋活のつもりで考えていたのに、体目当ては困りますね」
筆者「テレフォンで女は感じるか上でどういう相手を期待しているんですか?
C「理想が高いかもしれないですけど、テレフォンで女は感じるか医者とか弁護士の方とか国立大学にいるような優秀な男性がいいです。
E(国立大に通う)わたしも、今は国立大にいますが、テレフォンで女は感じるかにもまれに出世しそうなタイプはいる。そうはいっても、恋愛をする感じではない。」
調査の結果として、オタクについて敬遠する女性はどことなく多くいるということです。
オタク文化が大分浸透してきたと感じられる国内でもテレフォンで女は感じるか、今でも身近な存在としての見方は育っていないようです。
筆者「手始めに、全員がテレフォンで女は感じるかを使ってのめり込んだわけを順々に話してください。
顔ぶれは、高校をやめてからというもの、五年間引きこもったままだというA、「せどり」で十分な収入を得ようと苦労しているB、小規模の芸能プロダクションで指導を受けながら、アクション俳優を志望しているC、テレフォンで女は感じるかすべてのテレフォンで女は感じるかを網羅すると余裕たっぷりの、ティッシュ配りのD、テレフォンで女は感じるかほかに、新宿二丁目で水商売をしているE。
どの参加者も二十歳から二十五歳までの若いメンバーです。
A(普段は自宅から出ない)「俺は仕事も何もしてないんですけど、ネットを浮遊しててめっちゃ可愛い子を見つけて彼女の方からメッセージくれて、その次に、あるサイトのアカウントをゲットしたら、メアド教えるって言われて登録したんです。そしたらその子からメールの返信がなかったんです。ただ、他の女性とも何人か出会いはあったので」
B(転売に挑戦中)「アカウント取ったころはやっぱり、自分もメールの送受信を繰り返してました。見た目がすごい良くて好きでしたね。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトっていうのは、機械とか業者のパターンが多くて会えないこともなかったので、テレフォンで女は感じるかそのままちゃんと使い続けています。
C(俳優になる訓練中)「自分なんかは、演技の幅を広げようと思って利用を決意しました。テレフォンで女は感じるかを利用するうちにさんざん悪用する役をもらって、それがきっかけです」
ティッシュ配りD「僕に関しては、友人でハマっている人がいて、感化されていつの間にか
最後に、5人目となるEさん。
この方に関しては、オカマだったので、正直言って取り立てて話すほどではないかと。

テレクラ 会話

若者が集まるサイトはテレクラ 会話、仮の請求などの悪質な手口を用いて利用者のマネーを掻き集めています。
その技も、「サクラ」を頼んだものであったり、はじめから利用規約が不誠実なものであったりと、雑多な方法で利用者を誑かしているのですがテレクラ 会話、警察が取り逃がしている件数が多い為、まだまだ露見していないものが多くある状態です。
殊の外、テレクラ 会話最も被害が深刻で、危険だと言われているのがテレクラ 会話、小女売春です。
当然児童買春は違反ですが、テレクラ 会話の限定的で悪徳な運営者は、暴力団と結託して、把握しつつこの児童を使ったパターンで利用ユーザーから大金を取り上げています。

初めてのテレクラ 会話選び

この折に周旋される女子児童も、母親から送られた弱者であったり理解しがたい事情のある人物であったりするのですが、テレクラ 会話暴力団は利益を得る為だけに、当然の如く児童を売り飛ばし、テレクラ 会話と共謀して収入を捻り出しているのです。
上述の児童の他にも暴力団に従った美人局のような手先が使われている状況もあるのですが、大方の暴力団はテレクラ 会話、女性をおもちゃにして使うような犯罪を犯しています。
というのも早々に警察が統制すべきなのですが諸般の兼ね合いがあって現在でも取り締まりの対象にならない有り様なのです。
「テレクラ 会話に登録したらアクセスしたら一気にメールフォルダが貯まるようになってしまった…どうしたらこうなるの!?」と、驚いた経験のある人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者にも同じ体験はありますが、そういったケースは、アカウント登録したテレクラ 会話が、気づかないまま多岐に渡っている可能性があります。
このように仮説を立てるのは、多くのテレクラ 会話では、機械のシステムで、テレクラ 会話他のサイトに掲載している個人情報を丸ごと別のサイトに横流ししているからです。

片手にピストル、心にテレクラ 会話

言うまでもないことですが、これはサイトユーザーのニーズではなく、全く知らないうちに流用されてしまう場合がほとんどなので、消費者もテレクラ 会話、知らないうちに複数のテレクラ 会話から迷惑メールが
さらには、テレクラ 会話勝手に送信されているケースでは、退会すれば問題ないと手続きをしようとする人が多いのですが、テレクラ 会話退会したとしても状況はよくなりません。
結局は、サイトを抜けられずテレクラ 会話、他のテレクラ 会話に情報が筒抜けです。
設定をいじってもそれほど変わらずテレクラ 会話、拒否された以外のメールアドレスを用意してメールを送るだけなのです。
一日でボックスがいっぱいになるぐらい送ってくるようになった場合は、ただちに使っているメールアドレスを変更する以外には方法がないのでネットの使い方には注意しましょう。